未分類

ヒアロディープパッチは1度貼ったら貼り直してはいけない?

ヒアロディープパッチを使うときには注意してほしいことがあります。

それはシートを貼るときのことになりますが、1度貼ってその位置がちょっとずれてしまったとか、そういったことがあっても剥がして貼り直してはいけないのです。

でも、それはどうしてか?というと、粘着力が下がってしまうということもあれば、1度貼ってしまったことで、シートについている針が刺さりづらくなってしまうことがあるからです。

ヒアロディープパッチという商品は、細かい針を肌に刺して、そこからヒアルロン酸を肌の内部に浸透させていくため、その機能が弱まってしまってはいけないのです。

したがって、ヒアロディープパッチを使うときには貼り直しができませんから、それを頭にちゃんと入れておいて、慎重に貼らないといけません。

失敗をすると別のシートに変えないと効果が出づらいみたいなこともあると思うので、そこは注意をしないといけない部分になると思います。

シートタイプの美容関連の商品というのはいくつかありますけど、貼り直しが全くできないというものはほとんどないと思いますから、そういう意味ではヒアロディープパッチは特殊な存在になるのかもしれません。

いろいろな商品を見渡してみても、針がついている商品なんて滅多にありませんから。

でも、そこがヒアロディープパッチの売りになるので、こういう使いづらい部分もあるかもしれませんが、そこはしょうがないと思っておきましょう。

ヒアロディープバッチの口コミ

未分類

気になる足の臭いのケア方法

7靴を脱いだ時に気になるのが足の臭い。

梅雨時期なんかは湿気やブーツのせいでさらに臭いが気になっちゃいますよね。

今回はそんな気になる足の臭いを治す方法についてご紹介します。

足の臭いを治すならこちら

1.足用の消臭スプレーを使う

エイトフォーやデオナチュレなどといった、足の臭いの元を抑えてくれる消臭スプレーが数多くでてきています。

足の臭いの原因から抑える事ができるので、靴を履く前に靴下の上からでいいので、スプレーしてから靴を履くといいでしょう。

2.五本靴下を履く

普通の靴下を履くと、指の間に隙間ができにくく蒸れて足の臭いの原因になってしまいます。

そこで、五本靴下を履くことによって、指に隙間を開けることができ、さらに、靴下が汗を吸ってくれやすくなるので、あまり蒸れなくなり、臭いも抑えられます。

3.足を清潔に保つ

古くなった角質は足の臭いの原因になりますので、軽石や器具などで古くなった角質を削り、足湯や爪を短くしてください。

お風呂に入る時にはボディーソープや石鹸で足を念入りに洗って、常に足を清潔に保つことにより臭いを抑えられます。

4.靴下、ストッキングはこまめに変える

靴下やストッキングを履いて時間が経つと足から汗がでて靴の中が蒸れてしまい、足の臭いの原因になりますので、靴下をこまめに変えるようにすることにより、足の臭いが軽減されます。

消臭効果のある靴下を履くと更に臭いが軽減されます。